視力回復は「続ける」ものを選ぶことが大切

視力が悪ければ老眼にならないという、嘘

よく視力が悪いと老眼にならない、という話を聞きますがあれは嘘です。もちろん中には老眼にならない人、あるいは老眼になるのが遅い人、そしてその老眼の質が軽い人もいますが、これは「必ず」といったことではないです。

視力が悪くても老眼になる人はなります。老眼の初期症状として、近くの文字を見る時にピントが合わなくなったり、薄暗いと見えにくくなるといった、たいへん困った事態になることでしょう。

すると目を酷使し、過剰に目に負担をかけ、さらに視力が悪くなる、あるいは肩こりや頭痛など、身体に負担をかけるといったことにつながります。

では一体どうすればいいのでしょうか。

視力回復トレーニング、もしくは目を酷使しないこと。これらが一番大事なポイントなのですが、なかなか難しいのではないでしょうか?

視力回復方法に効果がある、ない、の前に続かないという現実

おそらく視力が悪い方、あるいは老眼で苦しんでいる方は、一度は、「視力回復方法」といったものを、ネットや雑誌などで読み、一度は試したことがあることでしょう。

  • 見るだけで目が良くなる本
  • 一分でできる視力回復(ピントを合わせる系のものです)
  • 目によいツボ

これらはきちんとした根拠に基づいて考えられているので効果が見込めます。ただ、どうしても、「トレーニング」といった部類に入り、人によっては「毎日続ける」のが困難なのではないでしょうか?

一分でできる、といってもその「一分の習慣」を身体に覚えさせる前に、やめてしまう、あるいは忘れがちになるのではないでしょうか?

ずれた目のレンズを修正するには、一度だけやればいい、というものは残念ながらありません。何度もやらないと意味がないということです。

自分にとって続けられるものを選ぶ

視力回復はダイエットと似ています。一日にして成らずです。どんな方法でも、続けなくては意味がありません。

トレーニング、ツボ、あるいは目に良いと言われる食事摂取、これらは思い出した時にやっていては効果は出ません。

また、視力が悪くなる、老眼が進む根本的な理由の一つ、「目を酷使」をさせないことが大切ですが、それもまた長時間にわたるデスクワークなどにおいては厳しいでしょう。

「面倒だな」「手軽なものはないかな」と思う方にはサプリがおすすめ

「視力が悪い」「目が疲れている」というものを、「体調が悪い」「身体が疲れている」に置き換えたのならば、人は薬を飲むと思います。

薬は習慣的なものですから、「忘れる」といったこと、もしくは、「面倒だな」といった感覚が薄いです。すなわち続けられるということです。

目にいい成分、それは目の疲れを取る成分とも置き換えることができ、ブルーベリー、ルテイン、アントシアニンなどが含まれているものが多いです。

デスクワークなどにおいて疲れた目を修復してくれます。そして目に良い食材より、サプリメントのほうが手軽に口にできるというメリットがあります。ただし、本当に続けてやる!というのならば、コスパ的な問題が出てくるかと思います。

できるだけ安く、そして成分がしっかりしているもの、また安全なもの、これらを頭に入れながら、良い商品を探してみてください。

個人的にはファンケルの視力改善サプリのえんきんが安くてオススメです。目の機能性表示食品なので、信頼ができてかつ、視力改善に役立つ成分が豊富に含まれているからです。

隠れた名品、おすすめの「やつめうなぎ」

ヤツメウナギ

やつめうなぎ、というものをご存知でしょうか?あまりメジャーではないのですが、やつめうなぎを使用したものは、ドライアイ、疲れ目、にとても効果的です。
老眼は、疲れ目などにより、さらに見えづらくなるものです。

見えづらくなれば、つまり疲れたままで放っておけば、目のレンズがずれていき、さらに視力・老眼は悪化します。

やつめうなぎで作られた食品は、目にいいと言われるビタミンAをはじめ、ビタミンB類、ビタミンD、ビタミンE、鉄、そしてDHAやEPAなど、様々な栄養が豊富に含まれています。つまり、多種類の栄養素を一度に摂取できる良品であり、天然で安全なものです。

サプリメントを飲んでもあまり効いた実感がない、という方は一度試してみてはいかかでしょうか?

そして、どんな方法を選ぶにしろ、「続ける」ということを念頭に置きながら、視力回復を目指してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です