視力回復の秘訣は効果的にブルーベリーを摂取すること

ブルーベリージャム

私は1日中、仕事でパソコンを使うことが多く、以前からブルーベリーを摂取してきました。

しかし、摂取量が少なかったこともあり、目の疲れは回復しましたが、視力回復までにはいきませんでした。

車の運転免許証の更新では、ギリギリ眼鏡不要の視力が長年続いていました。

しかし、3つの方法でブルーベリーを摂取するようになってからは、視力が回復してきました。

現在は50歳になり、年齢的にも老眼が入ってきてもおかしくはないのですが、視力の低下はあまり感じていません。次の免許更新時の視力測定がどのように変わっているか楽しみです。

以前は毎日朝食にブルーベリージャムを付けたパンを食べていました。また、時々ブルーベリーが入ったジュースを飲む程度でした。

これだけでも、何も摂取しないと、夕方頃に目の疲れを感じていたので効果はありました。しかし、数年前からブルーベリージャムだけではなく、ブルーベリーを加工していないものも食べるように意識しました。

さらに、サプリメントを摂る習慣も続けることにしました。わかさ生活やファンケルのえんきんを飲んでいます。

ブルーベリーのトリプル効果が功を奏したのか、最近はパソコンやテレビの画面を長時間見ても、以前よりも目が疲れにくくなりました。

以前は目が痛くなって、眩しくて光の画面を見ることができないこともありました。眼精疲労が原因で、肩こりがひどく頭痛になることも頻繁にありました。しかし、今ではそのような症状もほとんどなくなりました。

ブルーベリーの効能を調べてみると、医学的には正確には証明されていないようです。しかし、世間ではブルーベリーが視力回復に効果があることが常識となっています。

私の体験談をもとにすると、疲れ目や視力維持のためにはブルーベリーはおすすめだということです。

これからもパソコンやテレビ、スマートフォンなどの光の画面を見る機会も多くなり、さらに加齢による視力低下にもなりやすくなると思います。

しかし、いくつになっても視力に関して悩みを減らしていくためにも、様々な方法でブルーベリーを摂取しようと考えています。

物が良く見えるということは、気分的にも身体的にも非常に良いことです。ブルーベリーを摂取しているひとは、ジャムやジュースなどの摂取の仕方も意識してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です